中学生ぐらいからオナニー三昧の生活を続けていましたが、高校生になるとインターネットでエロい動画を収集してはおかずにするようになりました。
特にAVのようなプロの男女が合体しあうような動画というものよりも、素人がセックスをしている姿を撮影しているものは何とも言えないリアリティを感じてきました。
夫婦で、カップルで、また援助交際などで知り合った男女がハメハメを楽しんでいる姿をカメラに収めている、そんな動画は自分のエロい気分を激しく刺激してくれたのです。
自分と同じように、素人ものの動画が大好きという友人がいました。
彼とは一緒にお互いに動画を収集しては、交換し合っておかずにしていたのです。
1人で動画を収集するよりも、2人でやった方がはるかに効率的にエロ動画を集めることができます。
結託して動画を集めまくっては、交換をしておかずを増やしていったのでした。
彼も素人物が一番エロいという事で、はめどりモノを2人で夢中になって収集しまくっていたのでした。
いつかは自分自身でセックスをしながら、そのシーンを撮影してみたいという気持ちはもちろん持っていました。
しかしこの学校では女性と出会うチャンスもないだろうし、大学生になったら思いっきりセックスを楽しんでやるという思いを持っていました。
無事に大学に入学してたくさんの女性がいる環境に身を奥ことができて、サークルにも参加してさらに合コンにだって出席をしたのですが、なぜか恋人ができない状況が続いてしまっていました。
もちろん毎日の性処理は利き腕で行っています。
これだけたくさんの女性がキャンパスにいるのに、なんで出会うことができないのかって感じだしちゃって、虚しくなってしまっていました。